mac に Andorid 開発環境を install する

MacにAndroid SDKをインストール (Update 2010.05.25) を参考に Mac OS 10.6.7 に Andorid 開発環境をインストールしてみた。

手順 1. Eclipseのインストール

Eclipse のオフィシャルサイト よりMac OS X (cocoa) 用の Eclipse Indigo (3.7) Packages を入手し、展開して Applications フォルダに移動する。

Note

今回はEclipse IDE for Java Developers 64bit 版をダウンロードした。

手順 2. Eclipseの日本語化

Pleiades - Eclipse プラグイン日本語化プラグインPleiades 本体ダウンロード から安定版をダウンロード。

Note

今回は pleiades_1.3.3.zip だった。

pleiades.zipを展開して、featuresおよびpluginsの中身をそれぞれ、/Applications/Eclipse のfeaturesおよびpluginsにコピーし、

コンソールにて

$ vi /Applications/eclipse/Eclipse.app/Contents/MacOS/eclipse.ini
最後の行に下の行を挿入する
-javaagent:../../../plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

起動すると、pleiadesのスプラッシュが出て、日本語化されるはずです

手順 3. Android SDKのインストール

Download the Android SDK から android-sdk_*-mac_x86.zip をダウンロードし、 /Applications/eclipse フォルダ下に展開する

Note

今回は /Applications/eclipse/android-sdk-mac_x86 というフォルダ名になった

Eclipse.appを起動して、[ヘルプ]>[新規ソフトウェアのインストール…]を開きます。[追加…]をクリックするとダイアログが開くので、適当に名前をつけてロケーションに

https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

を追加します。それから、そのサイトの[Developer Tools]をチェックして、先に進んでいき、ライセンスの同意を経て、インストールを完了。

再起動したら、[Eclipse]>[環境設定]から、AndroidのSDKロケーションをSDKを置いた場所に設定します。

Note

今回は /Applications/eclipse/android-sdk-mac_x86

[ウィンドウ]>[Android SDK and AVD Manager]を開いて、左側の[Available Packages]をクリック、必要なパッケージ(ドキュメント、SDK Platform、サンプル)をチェックしてインストール (全部選択すると、ものすごく時間がかかる)

あと、.bash_profileにtoolのパスを通しておく。

export PATH=$PATH:/Applications/eclispe/android-sdk-mac_86/tools